ツアープロジェクト「IGENE」

今日初めて帰還困難区域に入った。  

約9年、外からしか見てなかった。  

外から想像してただけだった。

 街も人も人の心も変わった。  

これからまた変わっていくんだろうけど、変わらない、変えられないところもあって。  

時間がねじれてく 

心もねじれてく

中に入れば全部分かるわけじゃないけど  

誰かと話したい、けど誰と何から話せばいいかわからない。  

2 0 2 0 年8月某日

 

 

 

          


◯プロジェクト概要

2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震を端緒に発生した東京電力福島第一原子力発電所事故により、被災して避難指示のもとにある区域のうち、現時点(2021年4月現在)においても、なお年間積算線量が20mSvを下回らない恐れのある帰還困難区域に立ち入り、各所をめぐるツアープロジェクト。

ツアーを通して、「被災者」が自力では行きづらくなった(いげねぐなった)地域を巡る。

 

ツアー概要 6/14更新
※ ツアー内容・スケジュールなどは開催直前まで随時変更/更新しますのでご注意ください。
※ ツアーに申し込みいただいた方には後日ご連絡いたします。


帰還困難区域ツアー

毒山凡太朗ディレクションによる帰還困難区域内をめぐるツアー。10年前に止まったままの景色と、刻々と変化する景色が混在する場所で、かつての住民たちに出会い、耳を傾けながら、未来について考えるツアー

 
 
東京電力福島第一原子力発電所ツアー
廃炉に向けた作業が続けられている東京電力福島第一原発敷地内で、汚染水対策、廃棄物対策、廃炉作業の現在の様子や、原発の仕組みをガイドとともに間近で見学するツアー。
※①帰還困難区域ツアー参加者のみ参加可能 
東京電力福島第一原子力発電所への入場許可に関連し、20歳未満参加不可
※ツアー内の原発建屋内見学の際は、長時間防護服を装着しての入場になります。

※ツアー参加時は必ず長袖長ズボン着用でご参加ください。

東京電力福島第一原発一号機建屋

 

復興拠点ツアー
毒山の案内のもと、原発事故後の復興に向けた国や自治体の取り組み、伝承拠点をめぐるツアー。

※①帰還困難区域ツアー参加者のみ参加可能 

東日本大震災・原子力災害伝承館
 

安全上の注意と諸注意事項

※ ツアー参加の為の入域に際して、事前に顔写真付きの身分証明書(運転免許証/パスポートなど)承諾書のご提出をお願いします。

※ ツアー参加当日は、顔写真付きの身分証明書(運転免許証/パスポートなど)を必ずご持参ください。

※ 国の新型コロナ感染拡大対策の観点や、東京電力福島第一原発の動向により、やむをえずツアーが事前または当日に中止及び変更となった場合は、実費を差し引いた金額の返金を行います。

※ 国が示す「警戒区域の設定と一時立入りの基本的考え方」の「一時立入り実施要領」に則り、タイベックスーツ等の入域に際しての必需品は配布致します。その他の安全対策は各自事前にご用意ください。
参照:https://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/shiji_1f.html

※ 新型コロナ感染症感染対策の観点から、ツアー参加中はマスクの着用とこまめな手洗いや手指消毒にご協力ください。参加当日であっても37.5℃以上の発熱や咳がある方は参加をお断りさせていただきます。ツアー中の会話はお控えください。また、ツアー参加後の健康被害等の責任は一切負いません。新型コロナ感染症感染対策など、安全対策を万全にしてご参加下さい。
参照:https://www.pref.fukushima.lg.jp/uploaded/attachment/437811.pdf

※  ②のツアーを除き、参加に際しての年齢制限はありません。ツアー中スタッフの指示に従えない場合はツアーの途中でも中断する場合があります。その際、返金等は致しません。

※ ツアー内容は当日の天候など諸条件により、変更の可能性があります。

 


 
問い合わせ先

igene.info.2021@gmail.com (藤井)

 
チケットの購入
 
 
 

推奨ホテル