次回の展示

“六本木クロッシング 2019”  2019.02.09 – 05.26  森美術館|六本木, 東京

 

 

 

 

 

開催中の展示


Soon…

 

 

 

 

Works 


君之代Time goes by

2017 ムービーデータ 24分58秒

 50年間の日本統治を経て、現在は中華民国の統治下にある台湾。日本統治下で教育を受けた世代と、戦後の中華民国統治下で教育を受けた世代とでは扱う言語が異なる。その為、双方のコミュニケーションは乏しく世代間の文化・風俗の断絶があるという。また、高齢者は認知症や身体的理由から外出が困難な為、その傾向はますます加速していると言われている。

そこで私は、日本語を話す世代の方々を訪ね、彼らが幼少期に習った日本の文化や風俗を、日本語で語る映像を記録することが性急と考えた。それは彼らを通して垣間見える当時の台湾を知ることで、昔の日本が何を残し奪ったのか、これからを生きる人々と今は亡き昔の台湾を共有し、未来を考えるきっかけになればと考えた。               

撮影地:台湾(台北・台南)


戦争は終わりましたWar is Over

2017 ムービーデータ 05分13秒 

半径20km 警戒区域
半径30km 緊急時避難準備区域
半径50km 計画的避難区域
半径200km 日本の首都 東京
半径1800km 日本で唯一の地上戦の舞台 沖縄

遠くなるほど景色はかすみ 遠くなるほど声は小さくなる

オリンピックやモノレールで この国はひとつになれるのだろうか

撮影地:沖縄 →地図


経済産業省第四分館 (X年後)The 4th branch, METI (After several years)

2017 ムービーデータ/インスタレーション

2011 年 3 月 11 日以降、勃興した反原発運動の参加者は 20 万人にまで膨れ上がった。だが、メディアの関心や運動の参加者が少なくなった今でも、脱原発テントで活動する彼らは「ひろば」占拠の正当性と強い反原発の想いを持って国と電力会社と闘っている。 それはテント建設から 5 年が過ぎた今でも、彼らの「理想」が果たされてはいないからだ。

2016年8月。約5年に及ぶ活動家らの国有地(通称 ポケットパーク)不法占拠による脱原発活動は、最高裁判所の強制撤去という形で、その歴史に幕を閉じた。

あれからX年。

夢をあきらめなかった老人たちは、経済産業省の目指す宇宙開発事業による経済促進と、シルバー人材雇用拡大に一役買い、経済産業省第四分館による「脱原発」は「脱地球」という形で実現されたのだった。


経済産業省第四分館|The 4th branch, METI

2016 ムービーデータ 18分37秒/インスタレーション

「電気も水道もないこんな仮設のテント、、。最初は1日、いや1週間でやめるつもりだったんだ。けど周りが盛り上がって、やめるにやめれなくなっちまったんだ」と白髪の活動家がこぼす。


っと夢見てる|Dreaming future

2016 ムービーデータ 05分40秒/シルクスクリーン

毎週金曜日の終電間近。クタクタになったスーツが街中に転がっている。全く機能しない労働法のもと、低賃金の高ノルマ、休日返上の長時間労働。不眠不休を強いられ、彼等はひたすらに消耗されてゆく。家族のため、会社のため、お国のため…..様々な重圧を一身に背負い、死ぬまで続く「仕事」を忘れるかのように煽る酒。「きっと良くなる」そう信じて働き続ける姿は、勝利を夢見て太平洋に散っていった兵士のようだ。勝利も解放もないまま誰からも褒められず疲れ果てた彼等にそっと布を掛けた「お疲れ様」の一言を添えて英雄たちの勇姿は今も昔も変わらない。


これから先もイイ感じ|Good, Now and forever

2016 ムービーデータ 06分57秒/ 赤ちゃんの足


あっち|Over there

2015 ムービーデータ/インスタレーション/写真/面/2011年3月11日以降4年間分の地元新聞

作品制作の条件
1. 仮設住宅在住者に限る
2. 素材は新聞紙とし、福島民友または福島民報を手で切り裂く
3. 切り裂いた新聞は真っ白な面に貼付ける
4. 面で顔を覆い、故郷を指差す    

 展示撮影: Kota Takeuchi


千年 たってもEven After 1,000 years

2015 ムービーデータ  2分32秒/インスタレーション

昔々、キチガイと呼ばれた女がこの上の空を「ほんとの空」と言った。今もこの上にほんとの空はあるのだろうか。

「はっ?うっせーし!何があろうとこの上がほんとの空!」 毒山凡太朗によるあらゆるほんとの空入門

参照|高村光太郎 著「智恵子抄・あどけない話」



1/150

2015 写真/ムービーデータ 02分39秒/イルカの骨肉

2015 年04 月10 日、茨城県鉾田市の海岸に大量のイルカが打ち上げられた。翌日、様々な憶測が日本中を飛び交った。その死体は、この先起きうるあらゆる事態を想起させるコマンドとして働いた。

映像撮影日は2015 年04 月11 日。150 頭打ち上げられたイルカの内、最後の1頭。


LInCCAi-chan

2014 ムービーデータ 07分11秒

「風俗童貞なの?子供だね」そう言われて向かった先は、震災後の風俗バブルに沸くいわき市の風俗街。この地で休む事なく癒しを提供する彼女の名は「リカ」。しかし僕は彼女を” 買う”ことはできなかった。翌日、癒しを求めて隣町の「リカちゃんキャッスル」を訪れた。ここでは毎日ソフトビニール製の「リカ」が大量生産され販売されている。大人の階段を登る為の風俗と、情操教育の基本とも言える人形遊び、大人と子供の中間地点に立つ二人の「リカ」を巡る二部映像。

 

CV

毒山凡太朗 | DOKUYAMA Bontaro
1984年福島県生まれ
2011.3.11、故郷が一変し、途方もない絶望を突きつけられたことが、今まで通り過ぎてきた理不尽や矛盾と向き合うきっかけとなった。と同時に、自身が社畜と化して働き続けてきたサラリーマン生活と、気づくことなく寄生していた刹那にまみれた労働者の群像、現行の社会システムを見つめ、作品制作へと突き動かした。
これまで、過去にネットやメディアで取り上げられた事件や事象の起きた場所をめぐり、「逃げたいのに逃げられない」人々の心理や現実的な状況を目前にし、逃避が不可能となっている状況や社会の同調圧力構造を真正面から受け止め、作品制作をしてきた。既に世間から忘れ去られた場所、置き去りにされた記憶を再調査することで、見えてきた真実や、新たな打開策を提案し、それらの場所や事象に変化を試みてきた。
誰しもが生活に追われる日常の中では、問題と思える問題を問題として取り上げなくなり、見過ごし、見落としてしまう。もはや風景と化した問題とバカ真面目に向き合い、問題をすり替えることで違った角度から捉えなおしたいと思っている。それは拮抗した社会の歯車を回した先に見られるはずの現実を、この目で見たいという欲求からである。

e-mail: info.dokuyama@gmail.com

twitter: twitter.com/b_dokuyama

 

 

Exhibitions 

個展
2018
「Public archive」  2018/06/30 – 2018/07/14  青山目黒|中目黒/東京  特設サイト
2016
「戦慄とオーガズム」  2016/08/27 – 2016/09/24  Komagome SOKO|駒込/東京   → ステートメント
「経済産業省第四分館」  2016/06/09 – 2016/06/15  霞ヶ関/東京   → ステートメント
2015
「病室で会いましょう」-第7回恵比寿非公式映像祭-  2015/03/03 – 2015/03/05(入院中病室内) 恵比寿/東京
2014

Mystery Sense」  2014/02/07 – 2014/02/11  ナオナカムラ高円寺/東京

グループ展
2018
「Do the right thing」  2018.07.28 – 09.11  Downtown central library|グレンデール / アメリカ
「Assembling」  2018.05.26 – 08.25  K11 Mall 瀋陽 / 中国
HARSH ASTRAL – The Radiants 2  2018.05.25 – 07.22  Halle fuer Kunst Lueneburg |リューネベルグ / ドイツ
HARSH ASTRAL – The Radiants 2」  2018.03.23 – 05.12  チューリッヒ / スイス
「Connective(ity)/Collective(its)」  2018.03.18 –   Underscan / オンライン
「The Dictionary of Evil」 –Gangwon international Biennale-  2018.02.03 – 03.18 Green City Experience Center  / 韓国
2017
「他者と出会うための複数の方法」 –黄金町バザール2017   2017/08.04 – 11/05  八番館|黄金町/神奈川
Collective Dissent」: If only radiation had color. The Era of Fukushima  2017/04/27 – 2017/05/21 X and Beyond /Copenhagen
「Human Landscape」: If only radiation had color. The Era of Fukushima  2017/03/31 – 2017/04/23   X and Beyond /Copenhagen
「第21回 岡本太郎 現代芸術賞(TARO賞)」 2017/02/07 – 2017/04/09  川崎岡本太郎美術館|川崎/神奈川
2015
「アート縁日」 -Trans Arts Tokyo 2015  Opening program  2015/10/09 – 2015/10/10  神田/東京
今日も きこえる」-毒山凡太朗+キュンチョメ二人展-  2015/09/18 – 2015/09/22  いわき市/福島    →展示記録
「第6回  前橋映像際」  2015/06/27  前橋市/群馬
「Genbutsu Over Dose」 –天才ハイスクール!!!! 解散展-  2015/04/17 – 2015/04/23  キタコレビル|高円寺/東京
「Drift|旅公演」 –ナオナカムラと天才ハイスクール!!!!-  2015/01/04 – 2015/01/10  東京都美術館|上野/東京
2014
「杉並区脱法コミュニティセンター」  2014/11/10 – 2014/12/07  高円寺/東京
「Hello, You Monster!」  2014/10/29 – 2014/11/02  Space wunderkammer|豊島園/東京
「Roppongi Art Night 2014」  2014/04/19 – 2014/04/20  六本木ミッドタウン/東京
「れぼラボ♡クス in ナオナカムラ」-RevoLaB♡Xとは-  2014/03/19 – 2014/03/23  ナオナカムラ|高円寺/東京
2013
「ダウナーサイド」 -Trans Arts Tokyo 2013-  2013/10/19 – 2013/11/10  神田/東京

「ハイノリテ|-High-nority-」  2013/09/25 – 2013/09/26  無人島プロダクション/SNAC|清澄白河/東京

スクリーニング
2018
“AGAINST APATHY TO POLITICS “  2018/10/17“  Documentary Club Theater | バンコク/タイ
2017
Invisible Cities“  2017/09/29 – 12/17 Dallas Contemporary / USA
ExScreen 15“  2017/08/12  RAW Art Space / クアラルンプール
2015
「ミスターベビー・シアターVo.1」  2015/01/28  nam garally-幡ヶ谷/東京
2014

「ボムライ合戦 vo.1」  2014/05/31  神保町/東京

 

Press

「慰安婦問題の〈壁〉表現」
共同通信(秋田魁新報、沖縄タイムス 他) 2018/07/22 掲載

著者 福住 廉

「寛容と共存を求めて」
東京新聞 2017/09/08 掲載

著者 椹木 野衣

朝日新聞 2017/09/08 掲載

著者 鈴木 孝英

Dec.2016_BIJUTSU SHUPPAN-SHA
美術手帖 2016/12月号 掲載
著者 藪前 知子

2016/11/17

(左から
福島民報新聞 2015/09/20 
いわき民報新聞 2015/09/22 

福島民友新聞 2015/09/22 

美術手帖 2015/07月号 掲載
REVIEWS 

著者 松井 みどり


artscape掲載
著者 福住 廉

2016/09/15

スクリーンショット 2016-07-02 0.02.39
artscape掲載
著者 福住 廉

2016/06/10

artscape-iwaki
artscape掲載
著者 福住 廉

2015/09/21